ホーム > コラム

”神田錬成館”に含まれる記事

神田錬成館 活動報告:2017年7月28日暑気払い

2017年 盆休みの前に、神田錬成館 山本館長をはじめ、各師範・道場性など一同にて、恒例の暑気払いを開催いたしました。

場所はこちらも恒例のCafe&Wine 084にて。
以下に当日の様子を一部掲載いたします。

photo01.jpg

photo02.jpg

photo03.jpg

photo04.jpg

2017年8月19日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

ミャンマーの人気歌手『Ah Moon』さん体験稽古

2017年7月24日(月曜日)に神田錬成館道場に
ミャンマーの人気歌手『Ah Moon』さんが来館。

道場生と共に、剛柔流空手の体験稽古をおこないました。
下記に一部稽古の様子を掲載いたします。

ah_Moon_photo01.png

ah_Moon_photo04.png

ah_Moon_photo02.png


Ah Moon さんについて

Ah Moonは、ミャンマーのKachin州の人気歌手、ソングライター、モデル、ダンサー。
ビルマ初のオールガールのポップスの『Me N Ma Girls』メンバーとしてデビュー。現在はソロアーティストとして活躍。

Ah Moon is a singer, songwriter, model and dancer from the Kachin State of Myanmar. She is a solo artist as well as a member of the all-female pop music group the Me N Ma Girls, Burma's first all-girl pop ban.

出典:Wikipedia

2017年8月15日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

2016年前期審査を行いました。

2016年6月6日に前期審査会を行いました。審査参加者8名は、普段の稽古で培った技を十分に発揮し、充実した審査会となりました。全員更に稽古を重ね精進してもらいたいと思います。


DSC_0274.JPGDSC_0275.JPGDSC_0282.JPGDSC_0283.JPG




2016年6月 8日 メンテナンス
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

ローマよりニコラ・カッシーニ師範(画像を調整しました。)

(画像を調整しました。)

4月10日~4月17日の1週間にわたり、ローマで剛柔流空手道場、大和館を主催されている、ニコラ・カッシーニ師範 ジョバンニ・カッシーニ初段が来訪され、稽古に参加されました。お二人は全てのコースの稽古を受けられ、山本総師範を始め各指導師範からの指導も受け、大変意義のある1週間を過ごされました。イタリアIKOとの交流も、今後ますます盛んになると期待されます。錬成館会員においても、ローマ来訪の折には、是非大和館に立ち寄り、稽古に参加してください。




二人サンセール.JPG二人四股立.JPG二人セイエンチン.JPGニコラシソーチン2.JPGジョバンニ免状.JPGジョバンニ撃砕.JPG整列.JPG金曜全員.JPG組手田中.JPG組手ダイコク.JPG組手庄司.JPG井泉.JPG












2016年4月22日 メンテナンス
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

年頭のあいさつ(山本権之兵衛館長)

2016年年頭に際してご挨拶申し上げます。新年明けましてお目出とうございます。我々空手道を修行する者にとり、今後益々の発展と健勝を心から祈念いたします。さて、来る2020年の東京オリンピックにおきまして、永年の願望であった空手道の参加が漸く実現することが確実となり、我々修行者並びに指導者にとり大変慌しく、また大きな前進への第一歩となりました。空手道を競技として世界中の人々に認識してもらう為には、幾多の困難が待ち受けております。武術をスポーツとして認めてもらうことは、本来の武道及びその本質や目的を大きく犠牲にし、又本来のあるべき姿を変えざるを得ません。身を守るための技術を押し殺してスポーツとして競技化することは、肉体的、精神的に厳しい日々の鍛錬の成果を具現化する事をを控えざるを得ませんが、世界中の人々にオリンピックのスポーツ競技としての認知を得、今後の空手道の普及と発展を考えると、それも妥協せざるを得ない現実かと思います。人間は道具や機械を使うことにより、高度に発達した文明を実現し、優れた知性により、全ての動物とは異なる頂点に君臨し、今後も高度に発展を続けますが、身体能力については、特に野生の動物とは比較にならない程退化していることは事実です。そうであるからこそ、空手道、柔道、合気道、レスリング"等"は武器や道具を持たずにそれぞれの技術を修行することで、身体能力を発達させ、健康を維持させる一助としているのです。大部分のスポーツ競技に於いては、年令による衰えが身体能力、技術に制約をかけますが、武道は技の修得と応用が終身的にその会得した熟練の技能を永続させるのです。世界に一億人以上修行者がいるとされる空手道が、方法は別として認知される事は、大変光栄なスタートになることを我々は感謝いたしたいと思い、皆さんの一層の日々の修行を希望する次第です。

 

平成2818

IKO国際空手道会本部

IKO世界師範連合

IKO全日本空手道会本部

神田錬成館道場

 

総師範 範士十段

山本権之兵衛

2016年1月18日 メンテナンス
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

新年のご挨拶(大西有段者会会長)

新年明けましておめでとうございます。

年頭にあたり一言ご挨拶申し上げます。

1、神田錬成館の門を叩く外国人が増えています。昨年も数多くの外国人が当会を訪ねてきました。私達の空手は、武道としての空手を研鑽しており、近年のスポーツ的な空手とは一線を画しております。この事を充分に認識した上で鍛錬を積んで行きたい。外国人の錬士と剛柔流空手を極めていきたい。門は広く開かれています。

 

2、 昨年、皆様に「師を選ぶは学問の始め」とのお話をしました。私たちの人生で師を選ぶ機会があったかというと、せいぜい大学時代の数年のみで、社会人になってからは、師を選ぶことは困難なことになっています。選ぶのではなく、選ばれることに一喜一憂します。ただし仕事を離れて、個人の自由意思で、思想や運動の師を選ぶことができます。私達は神田錬成館で剛柔流空手を山本館長の下で指導を受けています。空手を教える道場は数多くありますが、その中で山本館長と出会うことができました。この出会いは幸いです。これが第一歩です。更に学んでいきましょう。

 

3、 自分を大きくする為にその年代年代で良きライバルを持て!!10代、20代、30代...その時々に自分の良きライバルを持つことが自分を強くします。そのライバルは年上でも年下でも構わない。ライバルに負けないように努力をして下さい。ライバルを持てば、必ず自分が強くなります。60代、70代、80代でもライバルを持て!!

 

以上

2016年1月12日 メンテナンス
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

昇段に至っての感想

錬成館道場に通い、約1年経ち前回6月の審査にて六級、この度の12月の審査で初段を頂く事となりました。   今まで幾つかスポーツは経験してきましたが空手の経験はほぼ皆無でした。しかし日頃の先生方の御指導もあり、良くない部分や悪いクセなどが自分でも分かるようになり未熟ながら日々少しずつ進歩を感じて稽古に挑むことができています。

   以前、ある先生に頂いた「黒帯を取るまでより、黒帯を締めてからが永い」との言葉は初段を頂いた今、非常に重く深く感じています。

この度の昇段を以って先生方、先輩方から御指導を頂きながら空手道をより一層邁進していきたく思います。

24歳 S.. 男性

2015年12月21日 メンテナンス
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

2016年6月1日 審査会の様子

2016年6月1日に開催された昇段、昇給審査会の様子を掲載いたします。

221.jpg
303.jpg

つづきを読む

5月20日 オーストラリア空手道場からの出稽古の様子

2015年5月20日にオーストラリア「KACHI-DO KARATE(勝道空手)」の、師範、道場生が来訪し、当館道場生と共に稽古を行いました。

image2.jpg image2.jpg image1.jpg

海外支部 活動紹介

活動の益々盛んな I.K.O 国際空手道会  海外支部の紹介記事や、写真が届きましたのでここに一部を掲載いたします。

20150514_01.jpg

I.K.O Australia Shihan W.Bridge Group.



20150514_02.jpg

2014 Female Karate Champion. Miss Cristina Maa.

つづきを読む

平成25年冬季審査会を終えて

 先日の審査会は、受審者にはそれなりに厳しい試練となった筈だが、各々よく頑張って期待に応えてくれたと思う。さらに上を目ざしてほしいので、単に褒めるよりは、あえて辛口のエールを送ることとしよう。

1難儀しるが極意
剛柔流開祖の宮城長順先生は、「難儀しるが極意」(苦労して修行することが極意を得る道であるとの意か)ということを常々言われたそうである。当会の皆さんにも、常に、日々の稽古であろうと審査や試合であろうと難儀を求め限界に挑戦する気持ちで取り組んでほしい。
 今回の審査では、毎回2時間の稽古を淡々とこなす者が、審査が始まって早々疲労困憊し顎を出していた。もしそれを緊張感のせいにするならば、それは普段の稽古に緊張感を欠いていた左証でしかない。日頃から血の汗、悔し涙を流すような真剣な稽古をしなければ、試合や審査の場で真の喜びを味わうことは出来るわけがない。
 そもそも皆さんは、よき社会人よき学生であることに飽き足らず、その上に何かを求めて斯道を志したのではないだろうか。その思いを実現するためには、それなりの対価を支払う必要があり、むしろ困難な道だからこそ、それを乗り越える喜びがあるともいえる。
 

つづきを読む

コラム 道場生より

私は、去年の10月に剛柔流空手道神田錬成館に入門したばかりの初心者ですが、今年から初心者入門クラスが設置されたということで、今回コラムを書かせて頂くことになりました。


私は高校までサッカーをしていましたが、大学に入学してからは運動する機会もありませんでした。そんな時、ある先輩に神田錬成館を紹介していただき、また、日本の武道というものに興味を持ったため、入門することにしました。


つづきを読む

2012年3月13日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

うれしいできごと

miharu.JPG久しぶりのコラム更新です。


今月に入り、ちょっとうれしいできごとがありました。
受験勉強のためしばらく道場に来ていなかった
高校生のAちゃんが、
久しぶりに稽古に顔を見せてくれたのです。

つづきを読む

2011年3月10日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

箱根親睦合宿

2010年7月17日(土)?18日(日)、
箱根にて、1泊2日の親睦合宿が行われました。

長年一緒に稽古をしてきた仲間ですが、ともに湯浴みし、枕を並べる経験は初めてのことです。
初日は深夜まで宴が続き、翌日は有志による小田原城観光と、いつになく深い交流の時間を持つことができました。

もちろん肝心の稽古も、いつも以上に充実。

箱根のお山の上は下界とは違い、日影に入ればことさら涼しく、特に早朝、緑の木々に囲まれたなかでの三戦は、すがすがしく、とても気持ちのいいものでした。

参加された18名の皆さま、本当にお疲れさまでした。

2010年7月30日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

山本権之兵衛総師範十段推戴の儀が執り行なわれました。

 

DSC04756.JPG謹啓  初夏の候、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

つづきを読む

2009年7月18日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

火・水・金。

豪州遠征記の筆が遅々として進まないようなので、
また少し普段の道場の様子などお伝えしようと思います。

神田錬成館では、週3回、稽古日があります。

つづきを読む

2009年3月 7日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

奥妙在練心

神田錬成館の開設から早いもので5年が経ちましたが、今年は、剛柔流の開祖である宮城長順先生の生誕120年の節目にもあたります。

長順先生は1888年(明治21年)5月25日に那覇市西町に生まれ、1902年(明治35年)14歳で西の東恩納と呼ばれた寛量師に入門、その後、研鑽を積まれて、大家となり、ついには寛量師の後継者となられました。寛量師が教えられたのは、福州伝来の技法を色濃く残す武術で、当時は那覇手と言われていましたが、長順先生は、これを整理統合し1930年(昭和5年)に剛柔流と命名しました。空手の流派名としては最も早く命名されたものと言われています。

長順先生は、沖縄においては、比嘉世幸、八木明徳、渡口政吉、宮里栄一等の高弟を育てたほか、度々、本土内地を訪れ、指導者普及に努められました。そのおかげで、本土においても剛柔流は、四大流派のひとつに数えられるまでに成長しました。

つづきを読む

2008年10月 3日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

平成十九年度 後期審査会を終えて

平成十九年度後期審査会が、十二月七日(金)錬成館本部道場で山本総師範指揮の元行われました。

goju_ts0.jpg

裂帛の気合と張り詰めた空気の中、白帯受験者の、緊張の為に今にも爆発しそうな心臓の鼓動が聞こえてくるような静寂。
いつもの審査会の風景です。

つづきを読む

2008年1月16日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

神田練成館道場の空手

  • 武道空手の伝承

私たちが続けている武道空手は、格闘スポーツではありません。
武道は老若男女や体格による個人差に拘わらず、誰もが同じ条件で対戦することを前提に、自身を護り、敵を倒すための攻防の技を修練するものです。

普通に考えれば、体力の優越を無視した勝負は無理なことに思えますが、急所一撃がそれを可能にします。
武道の世界ではそうした技を「一本」とよびます。
互いに技を磨き、一撃でどんな相手でも倒せる「一本」にこだわって攻め、そして護ることを目的に心身の鍛錬をします。

武道を習う上で「礼」はとても重要です。
武道は武術を修行する道ですから、その行為全体に於いて自分を向上させるための精神的な修行も必要ですし、教えを頂く先生や先輩、そして稽古の相手に対する謝意や敬意の表現として「礼」を欠かす事はできません。

武道と似た言葉で武士道がありますが、これは武士の心得るべき倫理や道徳についての事ですので、混同することは間違いです。しかし武道を学ぶ私達は心身を鍛え、強さと共に正義心を養うことによって人格をも高めるという点において、志を同じにする処があります。強さはその使い方次第で、間違えれば暴力に為りかねません。武士の刀と同様に、武術は武道を修練する事で身につけなければなりません。
修行者はその攻防で行われる一撃の重大さを心得て、行動に勇気と潔さが求められるのも同じです。

つづきを読む

いい時間を

先日、この春にオランダから帰国したM師範が来られた。
実に、道場には6年ぶりの来訪であった。

稽古では、目に入ってくるM師範の動きや聞こえてくる気合いが以前と変わっていないことに会長範士も実にうれしそうであった。
大先輩の動きや気合いを目の当たりにした道場生も、普段以上に活気付いていたように思う。

つづきを読む

2006年6月 9日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

神田錬成館道場 私感 ? ここに武道と人生の真実が ?

  • 剛柔の道を学を以って誇りとすべし

ある程度、人生を達観した人が、ものごとに行き詰まったような場合、宗教よりむしろ武道に活路を求めるケースが多く見られる。
たとえば、日本人で最初のノーベル賞を受賞した物理学者の湯川秀樹博士や大河内元東京大学総長などがそうであった。

つづきを読む

2005年9月17日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

いまこそ伝統空手の伝承を ? 道場開設3年目を迎えて ?

  • 3年目の神田錬成館道場

神田錬成館道場は、開設してやがて3年になろうとしています。
この間、わたしはじっと道場の活用のされ方、みなさんの活用の仕方に注目してきました。
そしていま思うことといえば、師範会会員のみなさんも、道場生の諸君も、みんなが多忙であるにもかかわらず、みずからの鍛錬、あるいは後輩の指導にと、熱心に道場を活用しているなあということです。

こんなうれしいことはありません。

つづきを読む

2005年9月 1日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

新年のご挨拶

新年のご挨拶を申し上げます。

平成15年は、神田錬成館道場が開設された年でしたが、本年平成16年はこの道場を基点にIKO師範会が本格的に活動を開始する年になります。

山本館長の構想によれば、今年から道場は高段者だけを対象としたものから、一般の青少年や女性にも公開されます。そうなれば、当道場での正統派剛柔流空手道の普及活動が大きくエンジン音を響かせることになるわけです。IKO師範会の地道な活動が、何にもまして大切になってきます。

つづきを読む

2004年1月 1日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

武道のタネを撒く

人間に限らず、すべての動物には野生の闘争心があります。

その闘争心をむき出しにするのではなく、いったんは形式の中に昇華させてその上で闘い、最終的に雌雄を決するのが武道の本来の姿です。

つづきを読む

2003年10月 1日 IKO剛柔
カテゴリ:[神田錬成館] |   [Page top]

«事務局より | メインページ | 世間一般の話題 »


Page Top

| IKO国際空手道会・全日本空手道会について | 本部・神田錬成館道場 | 国内道場 | 海外道場 |
| 稽古内容 | コラム | 入門案内 | 見学・体験稽古のご案内 | お問い合わせ |
Copyright © International Karate Organization Goju-karate-do. All Rights reserved.